ニュース・ブログ

ニュース・ブログ一覧技術情報の記事情報今度こそ、挫折せずに Unity をはじめよう

今度こそ、挫折せずに Unity をはじめよう

こんにちは、うのです。

昨今の情勢もあって、最近はテクノロジー産業に注目が集まってますよね。 何か触ってみたい、という人は多いんじゃないでしょうか。

 

IT系の専門学校とかだと、やっぱり「ゲーム」の分野が人気になりがちです。僕がプログラマを志したのも「ゲーム」がキッカケでした。

 

でもゲームを作るって言うのは難しいんですよ。 ゲームを作るツールとして有名なのは「Unity」ですけれど、これを触って挫折する人は決して少なくない。 一方でUnityは「初心者向け」「カンタンにゲームが作れる」と謳われることも多い。

 

なぜ初心者向けのツールで挫折者が出るのか? やはり我々にはゲームは作れないのか?

 

今回は、Unityについて話をしたいと思います。

 

unity brand logo

 

Unity って結局なんなんだ

Unity について喋る前に、 もっと根本的な「モノづくり」について考えてみます。

 

モノづくりに必要なものというのは何でしょうか? これは大きく分けて3つ、

  • 作るためのツール
  • 素材
  • 作り方

です。

 

ツールは 絵をかくならお絵かきソフトや絵筆、 プログラミングをするならテキストエディタ、とかですかね。

 

素材はそのままの意味で、

 

作り方は、 「モノを作るために何をどんな順番で行うか」、そのやり方という意味です。 忘れられがちだったり軽視されがちですが、とても重要なものです。

 

作り方が欠けていると、いざ作ろうと思ったときに、 何をしていいか分からなくなってしまいます。

 

ここでUnityに話を戻すと、

Unityは、 ゲームエンジン と呼ばれる、ゲームを作るための「ツール」です。 「作り方」までをカバーしてくれるものじゃないんですね。

 

あくまでツールでしかないので、 Unityの使い方を調べても、具体的なゲームの「作り方」にはなかなかたどり着けません。 多くの人が挫折する理由がここにあります。

 

結局どうやってゲームを作るんだ

ゲーム制作初心者は、「ゲームの作り方」を知らないので、 なんとかして「作り方」を工面しなきゃいけません。

 

これを何とかするために、 まず「アセットストア」で「作り方」を補ってくれるモノを買ってみるのがオススメです。

例えばどんなものかというと、

  • テンプレート や
  • スターターキット

つまり、最初からある程度ゲームの形が出来上がっている状態で 始めるといい、ということです。

アセットストア: Unityが公式で展開している、素材やプログラム(まとめて「アセット」って呼んでる)を販売するマーケット。

 

テンプレートの選び方

初学者にとってどんなものが良いテンプレートか、 とりあえず条件を整理してみます。

 

翻訳可能なドキュメントがある

例えばウェブページとか、テキストファイルとかでしょうか。

ほとんどの場合日本語のサポートがされてないので、翻訳は必須だと思います。

 

デモがすぐ動く

他のアセットを導入する必要が無ければ、 インストールしてからすぐに試すことができます。

 

シンプルであること

改造がすぐできることはとても重要です。

 

ちゃんと更新されている

Unityは更新が頻繁なので、 最新版のUnityではアセットが動作しない、なんてことも多々あります。

 

2Dのもの

3Dは以下の点で、初学者にとって改造しにくいです。

  • 扱うために覚えることが多い
  • 操作がどうしても複雑になる
  • 情報量がどうしても多くなるので、理解することが困難

何も知らない状態でぶつかるには、 少し難しいんじゃないかと思います。

 

テンプレート例

とはいってもいきなり探してくるのも難しいでしょうから、 いくつかのテンプレートをオススメしたいと思います。

ここにピックアップする基準は、

  • 極めてシンプルか、ドキュメントのあるもの
  • Unity 2019 LTS (長期サポートされるUnityのバージョン) で動作するもの

という感じで選んでいます。 (昨日 Unity 2020 LTSが発表されたけど……)

 

Block Breaker Template
screenshot

  • いわゆる「ブロック崩し」のテンプレート
  • 無料
  • 極めてシンプルな作り(改造も容易、これだけで動く)
  •  Unityで初めてゲームを作る人にはオススメ
  • ソースコードのコメントも過剰なくらい書いてある

 

Minesweeper – Game Template
screenshot

  • マインスイーパの完成品
  • 無料
  • 公式サイト
  • 既に完成している
  • 素材やパーツの管理の仕方が本格的
  • 演出もしっかり作ってある
  • 残念ながらドキュメントはない

 

Rhythm Game Starter
screenshot

  • デレステとかあんスタMusicとかみたいな「音楽ゲーム」を作れる
  • $38
  • ドキュメントがしっかりしている(WEBページで作ってある、改造の仕方がちゃんと書いてある
  • 譜面を作るエディタや仕組みが用意してある
  • 遊べる譜面もある
  • 組み方がガチ(素材の管理の仕方、アニメーション、効果音)

 

Unity の詳しい使い方を知りたいんだよぉ!

テンプレートを触ってみてとは言いましたが、 詳しい使い方を教えてくれる公式のドキュメントを紹介します。

 

Unity Learn

Unityの詳しい使い方を、動画や作例を交えて紹介してくれる教材です。 ほぼ全編英語ですが、いちおう日本語対応しているのもあります。例えばこれです。

 

Unity 入門 ー 実際にゲームを作ろう

 

基本的には日本語のテキストと画像で進む教材です。 動画は英語だけど、YouTube字幕があるので翻訳が効くので安心を。

 

Unity ユーザーマニュアル (2019.4 LTS)

Unityユーザーが全員参照するマニュアルです。 こちらは日本語に対応しています。

先ほど紹介したテンプレートをインストールしてみたら、ここを見ながらいじくってみるのが良いかと思います。

文章の量がとんでもないので、何もなしで見るのは正直ツラいですからね……。

 

今度こそ、挫折せずに Unity をはじめよう

今回は、Unityを始めた初心者が挫折してしまう理由と、その対処法を書いてきました。

まとめると、

  • 挫折してしまう理由は、Unityがツールであり、ゲームの「作り方」を提供するものでないこと。
  • それに対する対処法は、ゲームの「作り方」を提供してくれる素材を購入すること。
  • その素材とは、「テンプレート」で、アセットストアから入手可能であること。

です。

Unityを使って、ゲーム制作を始めてみましょう!

 

うのでした。