ニュース・ブログ

ニュース・ブログ一覧BLOGの記事情報COVID-19 数字の裏から見る明日

COVID-19 数字の裏から見る明日

こんにちはSGKです。

 

まず、COVID-19 = 新型コロナウィルス ですが、「新型コロナウィルス」って呼び方やめませんか?
たぶんこの名前で呼んでいるのは日本だけではと思う。
「コロナ」とか、「コロナウィルス」って略すのはアリだけど新型ってつけるの止めよう。
1、2年後になって「新型」って言うのはおかしいでしょ?

 

 


 

さて本題です、当方テレワークにて作業を行い不要・不急の外出を控えている訳ですが、
最近、親が「実家に遊びに来ないか」と言ってきた。
実家は岐阜県なのですが、考える、、

「最近、岐阜県ってCOVID-19患者増えつつあるよな、愛知県より安全なのか?」

 

という事でCOVID-19トラッカーをいろいろ探して見てみた、東洋経済のトラッカーがとても見やすい。

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

 

見ると患者数が愛知は300人程度、岐阜は100人程度、3分の1か、安全かなと思ったが、

この数字には裏があると思った。それは「人口当たりの疾患者で見たらどうなるか?」

という事でやってみました。

 

疾患者/人口

東洋経済のトラッカーは東洋経済オンライン編集部の荻原 和樹さんが作成しているようで、GitHubで公開されています。
https://github.com/kaz-ogiwara/covid19

このデータやソースを参考にして都道府県別の疾患者/人口を出してみた。

 

※動的なjsを載せたかったのですが、js動かないから画像で貼り付けます。

 

このグラフを見ると若干岐阜の方が愛知より多いですね、そして東京は言うまでもありません。
んん~しかし、安全だと思っていた北陸の 富山、石川、福井 この3県が、特に石川、福井が大阪を超えています。。
これらの県が危ないかどうかわかりませんが人口あたりでみるとCOVID-19患者数は多いと言えます。

 

疾患者/PCR検査人数

そして、もう一つ知りたい数値があります。PCR検査が適正に行われているかどうか?
「PCR検査人数/人口」を見たのですがこれは「患者数/人口」とあまり変わらず。
なので「患者数/PCR検査人数」を見てみることにしました。
数が多ければPCR検査を行えばもっと患者が増える可能性がある、、かもしれない。

 

 

おお、東京、ぶっちぎりじゃないですか、35%て検査受けた人の3人に1人はコロナ、、濃いな。

 

要するに、

このグラフで分かるのは東京・大阪はやっぱりヤバい。
愛知はそうでもない、岐阜の方が少し意識した方が良い。
北陸は新潟以外は、愛知よりヤバいかもしれない。
実家に帰るとは簡単に言えない。。

 

これはもう全国的にですね、不要不急の外出は控えろと、家でゲームでもやってなさい、

 

と言う事でスキルタウンのリンクでも貼っておこう、、、

https://skilltown.jp/

 

そしてCOVID-19の明日は「全国的なロックダウン」それが良いかもしれない。

 

 

 

週間ブログランキング