ニュース・ブログ

ニュース・ブログ一覧APIの記事情報通話もビジュアルプログラミング!Twilioの魅力を紹介

通話もビジュアルプログラミング!Twilioの魅力を紹介

こんにちは、システム開発部のうのです。

 

銀行やクレジットカードなどの問い合わせでコールセンターへ電話をかけたこと、ありますでしょうか。 コールセンターの電話でよくある流れは、

 

  • 最初は合成音声の通話につながる
  • 「○○なら1、××なら2を押してください」とアナウンスされ、指示通りにボタンを押す
  • 通話が転送され、あとは人間のスタッフさんが対応してくれる

 

という流れです。 このような流れの通話を実現できるのが、TwilioというKDDIが提供するサービスです。

Twilioは、複雑な通話業務の流れを簡単な プログラミング を用いて制御します。 プログラミングのハードルも、プログラミングが初めてでも構わない くらい低めです。 使い方次第でとても面白いことのできそうなサービスなので、ぜひ知ってほしいです。 もちろんプログラミングに馴染みがあって、新しいことがしたい人にもオススメです。

 

早速いきましょう!

 

Twilioとは

まず、Twilioとは、どんなサービスなのでしょうか。 公式ページでは、以下のように説明があります。

Twilioは音声通話、メッセージング(SMS/チャット)、ビデオなどの 様々なコミュニケーション手段をアプリケーションやビジネスへ容易に組み込むことのできるクラウドAPIサービスです。

Twilioでは、様々なコミュニケーション手段をブロック(部品)のようにコンポーネント化した API を、最小限の開発コードでご利用のアプリケーションに組み込んだり、新たなアプリケーションとして開発したり、みなさまのシステムへ容易に組み込むことを可能にしました。

これはどういうことなのか、少し説明をしていきます。

 

「クラウドAPIサービス」とは、 WEBを通して利用できるアプリケーションサービス、ということです。 なので、Twilioは「通話」「SMS」「ビデオ」をWEBを通して扱うことのできるサービスですよ、ということになります。

 

加えて、「API」というのは プログラミングを通してアプリケーションを使うことのできる仕組み という意味なので、Twilioはプログラミング制御が可能 ということです。 プログラミング制御が可能であれば、ほかのAPIサービスや自身で開発したサービスと連携が可能になるので、できることが格段に増えます。

 

さらに、簡単なプログラミングの方法がある、ということを言っています。 「様々なコミュニケーション手段をブロック(部品)のようにコンポーネント化した API」 というのは、次のようなものです。

 

Twilioでのビジュアルプログラミングの様子

 

これは特定のURLにアクセスし、その返答に従い通話を転送するプログラムです。 ここに置いてあるブロック1つ1つが、Twilioの機能と紐づいています。 ブロックをつなぎ合わせることで、プログラミングをするのです。

 

このプログラミング手法は ビジュアルプログラミング と呼ばれるもので、小学生のプログラミング教育でも使われる ものです。 なのでプログラミングの知識がない人でも、Twilioを使うことができます。

 

好きな言語でプログラミング

わかりやすい手法はもちろんですが、通常のプログラミング手法にもTwilioは対応しています。 この場合は、WEBサーバにプログラムを置くことになります。 Twilioからのリクエストに対し、テキスト形式でデータを返却するように組みます。 テキストで返却できればよいので、どのプログラミング言語を選択してもTwilioを使うことができます。

 

そして返却するテキストは XML の形式で、 TwiML と名前がついています。 たとえばこのようなXMLです。

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Response>
    <Dial>123-456-7890</Dial>
    <Say>Goodbye</Say>
</Response>

 

このXMLは、「123-456-7890」に通話を転送し、終了したら合成音声で「Googbye」と言う、という内容を示しています。 また、このようなXMLも扱うことができます。

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Response>
    <Gather action="/process.php" method="GET">
        <Say>
            ○○なら1、××なら2を押してください
        </Say>
    </Gather>
    <Say>入力がありませんでした、もう一度おかけ直しください</Say>
</Response>

 

このXMLは、ユーザーにボタンを押させて、入力があった場合は別のURLを読み込み、入力がなかった場合は「もう一度おかけ直しください」と言って通話を終了します。

もちろん別のURL(コード内の”process.php”)では押したボタンの値を受け取ることができますし、そこでXMLを発行すれば継続して処理ができます。

 

Twilioで通話をプログラミングしよう!

このようにTwilioでは、初めてでもそうでなくても、通話をプログラミングすることができます。 今回は方法を2つ紹介しました。

  • クラウドサービス上でビジュアルプログラミングをすること
  • WEBサーバにプログラムを置くこと

自分でプログラミングできるようになれば、アイデア次第で様々な活用ができます。 すごく可能性を秘めたサービスなので、ぜひ利用してみてください!

 

▼ここからアクセスできます!
Twilio for KDDI Web Communications | コミュニケーションAPI

 

今日はここまでです。ではまた次回。

 

 

新たなサービスを展開したいご要望や名古屋のシステム開発会社をお探しでしたら、是非ともお問い合わせください。

週間ブログランキング