ニュース・ブログ

ニュース・ブログ一覧ちょうど良いスペック!IDCFクラウドの新インスタンスが登場

ちょうど良いスペック!IDCFクラウドの新インスタンスが登場

システム開発部の前野です。いつもウェブネーションのコーポレートサイトにご訪問いただきありがとうございます。

 

久々の日常ネタですが、去年に続き、今年も愛知県の端っこにある渥美半島に行ってきました!

 

 

渥美半島 菜の花まつり 2019 [公式] – 渥美半島観光ビューロー — https://www.taharakankou.gr.jp/nanohana/

去年は息子が3歳で、興味のあるものでも一人で行こうとすることに消極的でしたが、今やわんぱくな4歳になり、ソリも一人で滑ろうと頑張る姿勢に・・・!

 

でもまだ、一人では怖いみたいです(笑)

 

IDCFクラウドに新インスタンスが登場!

 

IDCFクラウドをご存知の名古屋の企業が少ないので、あまり知られていませんが、先日IDCFクラウドに新しいインスタンスが登場したのはご存知でしょうか?

まずは、下記をご確認頂きたいのですが、従来の1万円未満のプランはこんな感じでした。

名前 CPU メモリ 料金(時間) 料金(月上限)
S1 1CPU
(0.8GHz)
1GB 0.4円 200円
S2 1CPU
(1.6GHz)
2GB 2.9円 1,400円
S4 1CPU
(2.4GHz)
4GB 11円 5,300円
S8 1CPU
(2.4GHz)
8GB 18円 8,800円
M4 2CPU
(2.6GHz)
4GB 19円 9,200円

そして、新しいプランがS2とS4の間に、M3が加わりました。

名前 CPU メモリ 料金(時間) 料金(月上限)
S1 1CPU
(0.8GHz)
1GB 0.4円 200円
S2 1CPU
(1.6GHz)
2GB 2.9円 1,400円
M3 2CPU
(1.6GHz)
3GB 7.9円 3,800円
S4 1CPU
(2.4GHz)
4GB 11円 5,300円
S8 1CPU
(2.4GHz)
8GB 18円 8,800円
M4 2CPU
(2.6GHz)
4GB 19円 9,200円

S2プランと比較してCPUは2倍の2個に、メモリは1.5倍の3GBとちょうど良いスペックです。

今まで2CPUを利用する場合、最低でも毎月1万円近いM4プランでしたので、これは嬉しい変更ではないでしょうか?

性能を測定してみた

 

今回はsysbenchを使って性能を測定してみました。

 

性能測定結果(IDCFクラウド S2 1.6GHz / 2GB)

 

# sysbench --test=cpu run
WARNING: the --test option is deprecated. You can pass a script name or path on the command line without any options.
sysbench 1.0.17 (using bundled LuaJIT 2.1.0-beta2)

Running the test with following options:
Number of threads: 1
Initializing random number generator from current time


Prime numbers limit: 10000

Initializing worker threads...

Threads started!

CPU speed:
    events per second:  1037.28

General statistics:
    total time:                          10.0004s
    total number of events:              10375

Latency (ms):
         min:                                    0.95
         avg:                                    0.96
         max:                                    2.51
         95th percentile:                        0.99
         sum:                                 9994.75

Threads fairness:
    events (avg/stddev):           10375.0000/0.00
    execution time (avg/stddev):   9.9947/0.00

 

性能測定結果(IDCFクラウド M3 1.6GHz x 2 / 3GB 1スレッド)

 

# sysbench --test=cpu run
WARNING: the --test option is deprecated. You can pass a script name or path on the command line without any options.
sysbench 1.0.17 (using bundled LuaJIT 2.1.0-beta2)

Running the test with following options:
Number of threads: 1
Initializing random number generator from current time


Prime numbers limit: 10000

Initializing worker threads...

Threads started!

CPU speed:
    events per second:  1121.66

General statistics:
    total time:                          10.0006s
    total number of events:              11219

Latency (ms):
         min:                                    0.88
         avg:                                    0.89
         max:                                    1.34
         95th percentile:                        0.90
         sum:                                 9997.30

Threads fairness:
    events (avg/stddev):           11219.0000/0.00
    execution time (avg/stddev):   9.9973/0.00

 

性能測定結果(IDCFクラウド M3 1.6GHz x 2 / 3GB 2スレッド)

 

# sysbench --test=cpu --threads=2 run
WARNING: the --test option is deprecated. You can pass a script name or path on the command line without any options.
sysbench 1.0.17 (using bundled LuaJIT 2.1.0-beta2)

Running the test with following options:
Number of threads: 2
Initializing random number generator from current time


Prime numbers limit: 10000

Initializing worker threads...

Threads started!

CPU speed:
    events per second:  1858.47

General statistics:
    total time:                          10.1600s
    total number of events:              18885

Latency (ms):
         min:                                    0.88
         avg:                                    1.07
         max:                                  392.41
         95th percentile:                        0.90
         sum:                                20300.23

Threads fairness:
    events (avg/stddev):           9442.5000/14.50
    execution time (avg/stddev):   10.1501/0.00

 

測定結果

 

結果は以下の通りとなりました。

名前 測定結果 平均値
S2(1スレッド) 10375イベント / 10.0004秒 1037.4585イベント/毎秒
M3(1スレッド) 11219イベント / 10.0006秒 1121.8326イベント/毎秒
M3(2スレッド) 18885イベント / 10.16秒 1858.7598イベント/毎秒

1スレッドから2スレッドは数値通りの性能向上ですが、驚くことにシングルスレッドの性能も上がっています。

 

どのホストサーバーに収容されるかはランダムですので、割り当てられるインスタンスは個体差はあるかもしれませんが、以下の違いが確認できました。

 

S2の場合 Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2697A v4 @ 2.60GHz
      ↓
M3の場合 Intel(R) Xeon(R) Gold 6142 CPU @ 2.60GHz

 

シングルスレッドの性能差については恐らく世代の違いではないかと思いますが、どうせ同じ料金なら新しい世代を選択しない理由はありませんね。

 

ということで、これから新しくシステム制作用にアカウントを開設することを検討されている方は、最新のkelvinゾーンがオススメです!

Category

BLOG NEWS